English サイトマップ
省資源・省エネルギーへの取り組み
環境方針・重点項目・活動方針
環境方針・重点項目・活動方針
アメリカン電機では、環境保全の面から積極的に「省資源・省エネルギー活動」を取り組んでいます。
1. 電気使用量の削減への取り組み
風力発電機
風力発電機
長時間離席する際のパソコン電源のオフ、未使用部屋の照明の消灯、さらには不要箇所の蛍光灯の撤去など、電力消費を抑えるよう心掛けています。
さらには夏季のクールビズ運動の推進をはじめ、年間を通じて室温およびエアコン使用時の温度調査・管理を行うと共に、サーキュレータによる空気循環を併用して温度分布の効率をアップさせる等、省エネルギー化に取り組んでいます。
また、千葉工場では小型風力発電機を設置し、蛍光灯の点灯などに利用することで節電に役立てています。
2. 水道使用量の削減への取り組み
製造工程上の水使用が少ないため生活用水の節水を呼びかけ、水道の蛇口閉め忘れの防止、過剰使用の抑制を心掛けています。
3. 紙の使用量の削減への取り組み
プロジェクターによる省資源化
WEB会議による省資源化
全社ネットワーク化により、パソコン使用業務に携わる全部署において「グループウェア」を導入し、配布書類を電子化するようにしました。
また社内会議では社内LANやプロジェクターを活用したWEB会議を採用したことで、本社工場間の往来の減少化を実現しています。コピー用紙の使用については、使用済み用紙の裏面活用、および両面コピーにて用紙枚数の削減を心掛けています。
4. ゼロエミッション活動への取り組み
社内各所に設置の分別回収BOX
社内各所に設置の分別回収BOX
廃棄物については3Rの意識向上を心掛け、資源ごとの専用回収ボックスを設置して分別回収を徹底しています。
また使用済コピー用紙やその他の不要な紙類およびコピー用トナー(カートリッジ)については、各専門のリサイクル業者へ委託して資源のリサイクル化を徹底しています。
5. 包装資材における環境負荷低減物質の利用推進への取り組み
近年主流の包装形態
近年主流の包装形態
樹脂製容器などの資材の新規採用を取り止め、紙類などリサイクル可能な資材に置き換えると共に、過剰な印刷表示の抑制に心掛けることで環境保全への配慮を心掛けています。
6. 販促資材における環境負荷低減物質の利用推進への取り組み
FSC認証紙による総合カタログ
FSC認証紙による総合カタログ
印刷物に対して、従来の石油系溶剤に代わる「大豆インキ」の使用、「リサイクル紙」や「FSC認証紙」の使用、さらには廃液を出さない「水なし印刷方式」の採用を行い、環境保全への配慮を心掛けています。
またリーフレット等に関しては、「必要枚数のみの発行」への取り組みとして社内制作による「オンデマンド方式」を導入し、省資源化に取り組んでいます。
さらにはホームページの活用にも力を入れて、併せて省資源化に取り組んでいます。
7. 地球温暖化防止(CO2排出量の削減)への取り組み
二酸化炭素排出量削減の一環として、毎月社有車の自主点検を実施した上で、アイドリングストップやエコドライブの推進、効果的なルートの設定などを心掛けています。
併せて電気使用量のピークカットとデマンド管理を実施し、電力を見える化することで使用量監視を行い、CO2排出量削減に取り組んでいます。
さらに各部署では不良削減を目標に掲げ、製品製造過程のみならず、設計時や受注、出荷時などのあらゆる過程においてミス等の低減を目指し、直接的だけではなく間接的にもムダをなくすことで環境に貢献するよう心掛けています。
ページトップへ
アメリカン電機株式会社
Copy Right AMERICAN DENKI CO.,LTD. All Right Reserved